思春期のムダ毛処理は肌に優しい方法で

思春期の時期は、ホルモンバランスが安定しない事も多く、肌荒れを起こしやすい時期です。

剃刀の刃があまり切れない状態では肌に負荷をかけてしまい、肌荒れや肌を傷つけてしまうこともあります。肌に優しいムダ毛処理をするためには、当たり前ですが、よく切れる剃刀を準備しましょう。また、シェービング用のクリームやジェルもムダ毛を塗ることで肌へのダメージを軽減できます。

ムダ毛処理をする場合には、お風呂場で処理すると便利です。お風呂に入ったついでにムダ毛処理をすれば、毛をしめらせてから剃ることができるので、毛が剃りやすくなります。

毛を剃る方向もきちんと判断しましょう。毛が生えている方向を合わせて沿わせるように剃ることがポイントです。

肌が弱い方は、剃刀負けをすることもあります。そんな人は、脱毛テープなど違った方法も試してみてください。

毛を剃り終わったらスキンケアをすることはもっとも大切なことです。

ムダ毛処理をした後をケアせずそのまま放置しておくと、肌から水分が蒸発してしまい、肌が荒れてしまったり肌が乾燥してしまいます。化粧水で水分を補給し、保湿クリームで肌から水分が逃げないようにカバーすることで、肌の潤いを保ちます。処理後をきちんとスキンケアをすることが大切です。

思春期の頃には、自分のお小遣いで買うことができる化粧品も限られてしまいます。化粧水や美容液、保湿用化粧品など、色々と購入するのは、少し厳しいかもしれません。そのような場合には、母親や姉の化粧品を借りてスキンケアしてみるのも一つの手段です。