毛深い悩みを促進させてしまう!NG!な生活習慣があった!

毛深い悩みを促進させてしまう要素は、決して遺伝だけにあるのではありません。実は、普段からの生活習慣が非常に大きなかかわりを持っているのです。例えば、男性ホルモンの働きが活発になると、体毛の増加が引き起こされると言われています。つまり、男性ホルモンを増やしたり活発にさせたりする生活習慣は、毛深い悩みを持つ人にとっては、NGであるということです。

男性ホルモンを活発にする要素として、普段から口にしている食品を挙げることができます。例えば、普段から肉中心の食事をしている場合です。このように動物性たんぱく質を過剰に摂取していると、酸化した脂肪が体に溜まり始めることになります。このような過酸化脂質が増えると、体はそれら不要なものを体外へ排出しようと活発に働き始めます。その際、体毛を通じて排出しようとします。そのため、体毛を増やし始めるというわけです。それで、毛深い悩みを持つ人は、男性ホルモンを活発にするような食品を極力減らすとともに、それら男性ホルモンを中和させる働きを持つ女性ホルモンを増やすような食品を食べるよう心がけることができるでしょう。

またタバコを吸う習慣も、毛深い悩みを持つ人にはNGです。タバコも女性ホルモンを減少させる働きがあるからです。そのため、タバコを吸う習慣のある人は体毛が濃くなる傾向があると言われています。

さらに、毛深い悩みを促進してしまうもう一つの生活習慣は、自分で行なう間違ったムダ毛処理にあると言えます。

実際のところ、毛深い人は、自分の毛深さが非常に気になることでしょう。そのため、剃刀などを使って自分でムダ毛処理を行なう人も多いものです。しかし、間違った処理の仕方は逆効果になります。剃刀の刃で大事な肌を傷つけてしまうことがあるからです。何度も繰り返し自分でムダ毛処理をして肌を傷つけていると、毛は外敵から大事な肌を守ろうとします。それが、体毛が濃くなってしまう原因であるのです。

体毛を濃くしてしまう間違ったムダ毛処理を避けることが必要です。例えば、何も塗らずに直接剃刀を当てて剃ること、毛の流れとは反対の方に向かって剃ること、深く剃ろうとして剃刀を必要以上に肌に強く押し付けて剃ること、また何度も同じ場所に剃刀を当てること、さらには切れ味の悪くなった剃刀を使い続けるといったことなどです。こうした自己処理を続けていると、毛深い体毛を一層濃くしてしまうことでしょう。